[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

Alghazanth

どうも。トツカ在住のクサメタラーです。
最またニュースにとなった「戸塚ヨットスクール」の事を戸塚にあるヨットスクールだと勘違いしている人が多くて困ります(´ω`)

さて、フィンランドのシンフォニック・メロディック・ブラックAlghazanth「Vinum Intus」聴きました。
このバンド、塗りたくったコープスペイントと、見るからにトゲとげしい装飾品とで、コテコテ邪悪でガナるだけのブラックメタルを想像しておりましたが、2曲目の「With A Thorn In Our Hearts」を聴いて、そのイメージは全て払拭されました。
北欧ブラックメタル特有の薄暗くも凍て付く叙情性が全体的を織り成しており、ときより覗かせる悲しげなヴィオラの旋律と、天上の歌声とも錯覚してしまう聖歌隊パートの荘厳さといったら、そりゃもう聴いたとたんに失禁してしまいます(´ω`)ジョボボ

Vinum Intus



久々に聴いた悠然たるシンフォニックブラックに感動。

しかしこの全裸手招きジャケに言いたいことは山ほど。手に持っているHotドリンクは一体何でしょうか(・ω・`)?



1. A Living Grave
2. With a Thorn In Our Hearts
3. Only the Reflection Bleeds
4. Under the Arrow Star
5. Our Ascent of the Tower
6. Wine Within
7. For Thirteen Moons
8. Triunity
9. The Way of the Scales
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

ピルクル

Author:ピルクル
ヨコハマ在住のクサメタラーです。
趣味はクサメタル漁りです。

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。